サラリーマン万歳!天引き積立貯蓄のススメ

天引き積立貯蓄は、毎月の積立額を設定して、給料や金融機関の銀行口座から自動的に積み立てる貯蓄です。金利の良い金融商品や、解約のリスクなどを考える前に、まずは始めることが大事!サラリーマンなら社内預金や財形貯蓄もチェックしましょう。

スポンサーリンク

天引き積立貯蓄で誰でも貯蓄上手に!

どの銀行で、どんな金融商品に預けたら、金利が良いのか。大変迷います。

さらに、リスクがあるのか、使いたいときに解約するとその分解約手数料がかかって目減りしてしまうかも・・・。

なって、いつかでも考えていてもお金がたまりません!まずは、貯め始めることです。

貯蓄の第一歩は金利の高い低いにこだわるよりも、まとまったお金を作ることです。住宅取得や旅行など、目的がまだしっかりしていなくても、まずは貯蓄を始めるのが重要です。

スポンサーリンク

天引き積立貯蓄の一番のポイント

天引きの積立貯金なら、毎月の積立額、ボーナス月の積立額、積立期間などを考えましょう。一番のポイントは「家計に無理のない金額」にすることです。

そして、無理のないということと少し矛盾があるかもしれませんが、給料や銀行口座から自動的に積み立てる「天引き」の形にすることがポイントです。

スポンサーリンク

サラリーマン万歳!社内預金や財形貯蓄をチェック

サラリーマンの家庭なら、会社に社内預金や財形貯蓄制度があるか確認しましょう。法律で決められた社内預金の最低金利は銀行とは比べ物にならないくらい高いのです!さらに一定額まで利息が非課税という特典があるものも多いのです。
サラリーマンはうらやましい限りです。

【貯金】積立金額の決め方
スポンサーリンク

目的がはっきりしているなら高金利商品もありますよ

会社にこのような制度がない場合や、自営業や自由業の方は身近な金融機関の積立商品を利用しましょう。
とにかく、あれこれ迷っているよりも早く始めることが大切なのです。「天引き積立貯蓄」 のカテゴリーでは、いろいろな積立商品をご紹介しています。

目的がはっきりしているなら、サラリーマンの社内預金並みの金利も商品もあるんですよ!

年金受給年齢70歳に引き上げ!メリット・デメリットは?
年金受給年齢の繰り上げ・繰り下げについて 国民年金のほか厚生年金、共済年金と種類がありますが、加入期間に未納がある場合任意加入したり、国民年金の場合は老齢基礎年金の繰上げ受給をうけることができます。 国民年金の場合 国民年金の場合は、...
【借金がゼロになる?】自己破産のメリットを知ろう
自己破産をする場合、常にそのリスクの大き...
貯蓄
スポンサーリンク
Various information