株式ミニ投資をネット証券で始めよう!メリット・デメリットを解説

スポンサーリンク

株式ミニ投資をネット証券で始めよう

株式ミニ投資とは、ミニ株、プチ株と呼ばれ今までの10分の1の単位で取引ができます。1000株に満たないと株主優待は受けられませんが配当金はもらえます。ネット証券を比較して売買手数料が安く、口座管理料が無料の所を探してミニ株をはじめませんか?

スポンサーリンク

株式ミニ投資とは?

株式ミニ投資(ミニ株・プチ株)と呼ばれているものは、今まで1000(株)単位でないと購入できなかった株式の単位を、10分の1に引き下げたものです。

100株からでも買えるようになったので、今までなら数十万円から100万円を超す資金が必要だったのが、安い株なら3万円くらいから投資ができるようになったのです。

さらに、もともとも100株単位だったものは、10株単位で購入できます。

スポンサーリンク

株式ミニ投資はこれまでの株取引と何が違うの?

投資法については、株数が少なくなったこと以外は、一般の株式投資と基本的に同じです。その会社の業績によって年に1回か2回支払われる配当金も、もち株数に応じて受け取ることができます。ただし、1000株(単位数)に達するまでは、株主優待を受けたり、株主総会に出席することはできません。

スポンサーリンク

ネット証券の手数料比較!

売買するときには、売買手数料と有価証券取引税がかかるほか、口座管理料なども必要になります。

ネット証券なら手数料が安く、口座管理料がかかりません。
取引手数料が5~10分の1くらいになっています。

また、証券会社によっては、無料の分析ツールを提供してくれるところもあります。

スポンサーリンク

株式ミニ投資をはじめよう!

この株式ミニ投資は、株式市場が上がりそうだと言われているときに、余裕資金で株に挑戦したい方には、大変向いている方法です。

ただし、もちろん元本が保証されたものではありませんので、使う予定のあるお金での運用はおすすめできません。

ワーケーションとは?働きながら休暇を取る|ワーケーションのメリットデメリット | 情報 マーケット
ワーケーションとは ワーケーションとは、英語の「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語。ワークツーリズムも似た言葉です。 働きながら休暇を取るなんて、少し前には考えられなかったことですが、コロナの影響で働き方や生活様式が変化してきている今は、可能です。 在宅勤務やテレワークをしている時に
債務整理 弁護士費用一括見積もできる
債務整理 弁護士費用 弁護士が行ってくれる債務整理は、任意整理、自己破産、民事再生、個人再生があります。ブラックリストにのってしまうなどとデメリットばかり考えず弁護士や司法書士に相談すると、債務整理にかかる費用を見積もりしてくれます。 ...
株・投資
スポンサーリンク
Various information