株式投資での資産運用に「ふるさと納税」を利用すると節税できる!

株式投資での資産運用に「ふるさと納税」を利用すると節税できる!

スポンサーリンク

株式投資での資産運用に「ふるさと納税」を利用すると節税できる!

株式投資での資産運用に「ふるさと納税」を利用すると節税できることはご存知でしょうか。
実際にどんな銘柄があるのか?
また、そのメリットやデメリットは何か? を解説します。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自治体に寄付することで所得税や住民税が控除される制度です。
寄付する金額によって控除額が決まりますので、ふるさと納税を利用して大きな利益を出すためには多額の寄付金が必要となります。
しかし、「ふるさと納税」では税金控除を受けることができるのと同時に、寄付した自治体から特産品などが貰える特典もあるのです。
今回はそんな「ふるさと納税」を利用した株取引による節税について説明していきましょう。

株取引でのふるさと納税を利用した節税方法

株取引でのふるさと納税を利用した節税方法 まずは、ふるさと納税を利用した株取引でどのような節税ができるかを確認していきましょう。
※ここでは、一般的な上場企業の株価を参考にして計算しています。参考までにお読みください。

・年間20万円以上の寄付をした場合(10万円×12ヶ月)
→約4万円の税金控除
・年間100万円以上の場合
→約6万円の税金控除

上記の条件を元に計算すると、年間の税金負担額は8万7,218円になります。

この税金の負担を減らすためにも、ふるさと納税を利用した株取引で大儲けする必要が出てきますね。

ふるさと納税を利用した株取引の注意点

それでは、早速ふるさと納税を利用した株取引の具体的な方法を解説していきます。

ふるさと納税を利用した株取引の注意点 ふるさと納税を利用した株取引は節税できる一方で、リスクも存在しています。

例えば、1つの企業が上場廃止になった場合に損益が出る可能性があります。

にも、配当金支払い時に元本割れが起こる可能性や、株式分割により割安になる可能性もあるでしょう。

ふるさと納税を利用した株取引の方法

ふるさと納税を利用した株取引の方法 ふるさと納税を利用した株取引をする場合には、証券口座を開設しなければなりません。証券会社の中にはふるさと納税専用のサービスを提供しているところもあるため、そのようなサービスを活用してみてください。

なお、証券会社によっては手数料が無料になったり、特定の条件を満たすことで最大割引率が適用されることもあります。
ふるさと納税を利用した株取引の方法については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひご覧になってみてください。

ふるさと納税を利用した株取引のまとめ

その他にも、企業倒産時の信用不安や、株主責任追及などの可能性もあります。

これらのリスクを回避するためにも、ふるさと納税を利用した株取引には慎重さが求められます。