生命保険の世帯・個人別の平均保険料

スポンサーリンク

生命保険の職業や年収による最適化

生命保険」の仕事別や年収別にみた、「生命保険」の保険コストの選び方を見ていきます。
ほかの人がどんなにくらい保険コストをかけているのか平均加入コストを確認します。

保険

「生命保険」には「死亡保険」や「医療保険」「がん保険」など、さまざまな種類の保障がある保険があります。

保険料を最適化するためには、優先度の高いリスクが適切に手当てできているかを、定期的に見直す必要があります。
スポンサーリンク

生命保険の世帯・個人別の平均保険料

公益財団法人 生命保険文化センター
公益財団法人生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する様々な情報を提供しています。(設立1976年)
保険生命保険文化センターの調査では、1世帯当たりの年間保険料は平均約38.2万円と言われています。
月平均にすると約3万2千円です。毎月3万円近くの保険料を支払うのは、決して小さな負担ではありませんよね。
スポンサーリンク

職業別の生命保険の保険コストについての選び方

職業別の生命保険の保険コストについての選び方を見ると、サラリーマンの時で約2,500万円自営業の時で約2,400万円となっていてあまり差がありませんでした。

基本的には世帯主が死亡したときに、遺族年金や退職金などではまかなえない分のコストを保険金として掛けておくものです。

自営業は遺族年金が少なめ

自営業の時は、これらの遺族年金が少なめなのでサラリーマンよりは保険コストを高くしておきたい所でありますが、実際簡単にはそうはいかないようです。
さらにパートや派遣社員などについてはさらに低く約1,500万円程度となっています。

どんな保障がほしいのかしっかり考えて

保険加入の目的を明確にして目先だけの支払いコストだけに目をやらず、どんな保障がほしいのかしっかり考えて保険コストを決めることが大事です。
年収別にみた時は、保険の支払い能力の高さに比例して、保険コストの選び方を決めている人が多いです。

スポンサーリンク

年収が高いほど保険コストも高くなる

年収が高ければ高いほど保険コストも高くなっています。

年収が200万円未満の時、保険コストは約1,000万円程度、年収が400万円~500万円で保険コストは約2,000万円程度、年収が700万円以上で保険コストは約3,000万円となっています。

そもそもは収入が少ないご家庭ほど、保険コストを高くして保障を受けたい所でありますが、現実際にはそう上手にはいかないようです。

スポンサーリンク

保険契約を適切に組み替えよう

生命保険の平均加入コストは?第一生命の例
どれくらいの保険に加入したらいいのか? 生命保険の必要性についてはわかっているけれど、いざ加入を考えたときどれくらいの保険に加入したらいいのか?どんな選び方をしたらいいのか迷うと思われます。 危険の高さも、生活に不可欠なお金も、...

保険契約を適切に組み替えると、今までと同条件の保障内容で保険料(コスト)だけ削減したり、将来的なキャッシュバリュー(解約返戻金)を増やしたりすことができる場合があります。

実際の保障してほしい保険コストにつきましては、ご家庭毎の事情があるためこれらの資料だけで決めつけることはできません。
以上を参考にして、各ご家庭の不可欠な保障コストを考えてみて下さい。

保険
スポンサーリンク
Various information