知らないと損する【生命保険の選び方】賢く比べるポイントは?

生命保険を賢く比べる選び方をご紹介します。
たくさんある生命保険の中からご自分に合う生命保険を見つけるためには、比べる基準の選び方がポイントになります。

スポンサーリンク

比較条件を整える

生命保険を比べる基準は、最初保険同士の比較条件を整えることが大事です。
条件がいっしょならば比較もしやすいです。
これはプロでもする方法です。

保険のジャンルを比較

実際に比べる基準というものは、最初保険のジャンルを比べることです。
おなじジャンルの保険でなければ比べることができません。
たとえて言うと、生命保険といわれる死亡保障のついた保険、疾患を特定しているガン保険、普通に疾患治療を保障する医療保険、個人年金などです。

保障コストを比較

続いて保険を掛ける際に不可欠な保険の保障コストを比較します。
不可欠な保障コストの影響で、ご自分が加入する保険金のコストや支払う保険コストが決まってきます。
これらの必要は保障コストを考える際は、もしも死亡した時残された家族たちが今後必要となる生活費や学費などの支出総額から遺族年金や退職金などもらえる予定のコストを算出したものを引いたコストで考えます。
支出と収入をしっかり考えて計算します。
必要となる支出コストは年齢を重ねるにつれ減って行くことも注意しましょう。

保険期間を比較

最後に加入する保険期間を比較します。
終身なのか定期なのかを選びます。
終身は生涯保障があるもので、定期は3年とか5年、10年など期間が定められています。
定期は期間が終了した時点で更新することができますが、年令制限などの条件もあるのであらかじめ認識が必要です。
これらの加入期間は保険コストに非常に影響があると思われますのでしっかり考えて加入しましょう。

保険
スポンサーリンク
Various information