「終身保険」では、死亡保障にも生存保障にもならない

終身保険の場合、途中で死ぬ人のために保険金を払わなければいけないので、その保険料の中には個人年金保険の揚合よりも明らかに掛捨ての部分が多く含まれています。

たとえば、1万円の保険料を払って翌日死んだら、その人に1000万円払わなければいけない。残りの999万円は、集めた保険料の中から払わなければいけないわけです。

このための保険料は、長生きした人にとってはほぼ掛捨てになります。もちろん、その部分は年金の原資には回らない。

スポンサードリンク