| next

シトラスアランチウムとは

スポンサードリンク

シトラスアランチウムとは、日本でもおなじみの皆さんの良く知ってる柑橘系のくだもの、(だいだい)のこと。

ダイダイは、中国原産の柑橘系の果実で、お正月の鏡餅の上に乗っていたり、しめ飾りに使われているあの小さなみかんです。

欧米ではビターオレンジと呼ばれていて、苦味と酸味が強く、そのまま食べるのにはむかない果物です。

ですので、薬味や着色料として利用されています。

中国では、古くから未成熟なダイダイの実の皮を漢方薬として用いています。

飲み薬として胃腸薬の働きをし、塗り薬として炎症を抑える目的で利用されてきました。

体脂肪を燃やすシネフリン

ダイダイの未成熟な果実には体脂肪の燃焼を促進してくれるシネフリンをはじめ、さまざまな有効成分が含まれていることがわかっています。
蓄えてしまった体脂肪を効率よく燃やしたい人には、このシネフリンを主成分に、脂肪燃焼を助け、基礎代謝を高めてくれるビタミン類が配合されたシトラスアランチウムサプリメントがおすすめなのです。
アメリカでは、発熱性ダイエット・燃焼系ダイエットとして人気のダイエットサプリメントです。

シトラスアランチウムのダイエットサプリ

橙は、そのまま食べるのは難しい果物なので、成分をとりだしたサプリメントで摂るのが効果的とされています。
柑橘系ダイダイから抽出したシトラスアランチウムエキスに、ビタミンB群を加えることでカラダの代謝を高めるんです。
脂肪の燃焼を助ける働きがあります。
脂肪細胞を刺激し、ため込まれていた体脂肪を分解する。脂肪を燃焼へと導くので、ダイエット効果が期待できるといわれています。
そして、シネフリンはアドレナリンに作用して、空腹中枢を抑える働きがあることもわかっています。
アドレナリン作動性成分を含んでおり、それが交感神経系の働きを高めてくれます。

シトラスアランチウムの効果的な服用法

燃焼系サプリですから、カラダを動かす1日のはじまりや、スポーツをする前にとるのがおすすめです。
シトラスアランチウムはアドレナリン作動性成分を含んでいますが、それが交感神経系の働きを促進させます。そのため、有酸素運動により体脂肪を効率よく減らす効果があるとされています。

シトラスアランチウム服用の注意点

だいだいは、古くから内服・外用によって炎症などを抑える目的で利用されていますが、カフェインなどの刺激物との併用には要注意です。

また医薬品との併用時には念のために主治医に相談しておきましょう。

  1. 過剰摂取を避け、1日の摂取目安量を超えないようにしましょう。
  2. 製品ごとの原材料を確認して、食品アレルギーのある方は服用を避けましょう。
  3. サプリメントは医薬品ではなく自然食品ですが、シトラスアランチウムは刺激が強いため妊娠中の服用は控えましょう。
  4. 体質によっては発疹などの皮膚症状や、胃腸障害などのアレルギー症状が現れることがありますので注意が必要です。

シトラスアランチウム ダイエット